トップページ
 
             

 
 
 
 
  当施設を利用いただく際に、ランディング部シート保護の為、エッジのダリング(研磨)作業をさせて頂きます。
ランディングシート破損の原因となる尖ったエッジ・エッジ破損等ある場合こちらで処理致します。
エッジ全体をダリングいたしますので処理をおこなってよいボードをお持ちくださいませ。
また、ダリングを行ったボードはほぼ雪山で使用不可になりますのでご注意願います。
 
 
  エッジのひび・割れ、ダイカットのズレなど、処理が不可能な状態(左記画像参照)の場合、ご使用をお断りすることが御座いますのでご了承下さい。
尚、その場合当施設レンタル(有料)が御座いますのでそちらをご利用下さいますようお願い致します。
 
 
 

安全面のため肘、膝が出でない服装での滑走をオススメします。
通常はウェアをご利用ください。汚れや破損の恐れもありますのでいらなくなったもの、古いものなどをおすすめいたします。
暑いシーズン、ウエアーを着たくない方は短パンの下にタイツを履き上はロンTなど肌が出ない服装がオススメです。
ちょっと不安だなと思う方は肘,膝などにプロテクターを装着して滑走し
尚、原則としてヘルメットを装着して滑走して頂きます。 (レンタルも行っておりますが数に限りございます。)
又、アプローチ・ランディングのマットには摩擦力を軽減してボードの滑りをよくするために、散水をおこなっています。着地で濡れることが多くなりますので、替えのパンツやTシャツなどをお持ちください。

 
 
 

ゴムの軍手での滑走は非常に危険です。
エアーマットに着地した際、ゴムの軍手だとグリップ力が強いので肘や肩の怪我をしやすくなります。
ゴムの軍手での滑走は禁止とさせて頂きます。

 
キッカーは飛んで着地したと思ったら直ぐにお尻と背中で滑り台のように滑り降りて下さい。
そのまま行くとエアーマットを滑り下りてしまい、怪我の危険と、更にはエアーマットの損傷にも繋がりますので、どうぞご協力の程、お願い致します。